スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳悠里と堂廻目眩

各店で売り切れ続出の超大人気漫画『ガールズゴーアラウンド』2巻(最終巻)を読みました。
発売から数ヶ月経っても書店で見つけられず、結局通販で買うことになった『ガールズゴーアラウンド』2巻。
作者は千田衛人さん。『花咲くいろは』のコミカライズを担当していた人ですね。
私はこの人の描くシンプルであっさりとした顔立ちのキャラが好みです、ええ。

この作品はループものです。しかもオチとしてはバッドエンド。
前提としてループを発生させた主体と主人公はループしていることを知っています(ただし死んだ場合は別)。
この作品で発生しているループは二種類あります。
一つ目のループは入学式から卒業式の間のループ。
このループはメインヒロインである幼馴染が発生させています。理由は主人公が目の前で自殺するから。
ちなみに幼馴染は主人公が自殺する理由を「楽しい青春を送れなかったから」だと思っています。
そこで三年間をやり直して主人公に悔いのない人生を送ってもらいたいと願ったらループ発動できるように。
もう一つのループは幼馴染以外のヒロインが発生させるもの。各人の「後悔していること」を解決するまで終わりません。
校内のヒロイン力が高い女生徒に、メインヒロインからループ能力が伝染するようです。
この作品は一つ目の大きなループの中に入れ子構造で二つ目のループがたくさん入っているというのが特徴です。

さて、主人公がなぜ最後に死ぬかというと、実は主人公が死なない選択肢を取った場合にヒロインの誰かが死ぬからです。シュタゲかな?
この時、幼馴染以外の誰かがループを発生させます。死んだ人の友達とかですかね?
もしかしたら主人公もループ発生させられるのかもしれないけど、そこのところ曖昧です。
とにかく、主人公以外の誰かが死ぬ未来を取った場合、主人公にはヒロインが死ぬ記憶が残ります。
で、ほむほむや岡部ばりに何十回もループ繰り返すわけですが、彼は普通の高校生。心が折れてしまいます。
「もう人生疲れた。それに俺が死んだら未来変わるんじゃね?」
で、目の前で好きな人に死なれた幼馴染がループ発動させて入学式に戻る。
幼馴染からしてみれば、主人公以外が死んだ時の記憶がないわけで毎回唐突に主人公が死ぬわけです。
一方で主人公からしてみれば何度も身近な女生徒が死んで耐えられないわけです。
しかも主人公が死んだ場合に起こる大ループでは主人公は記憶を持ち越せないわけですから、どうあっても最後は自殺という選択肢を選んでしまいます。

もしループ能力の第一発現者である幼馴染も他人のループで記憶を保持できたら、こんなことにはなりませんでした。
また主人公がトチ狂って「俺卒業式の日をループしてその度に女の子が死ぬんだよ」と幼馴染にカミングアウトすれば……。
まあ何百回も大ループを繰り返せば、そういう未来もあるかもしれません。もしどちらか片方が気付ければ、今度は二人で大作できるので違った結末を迎えることができるかもしれません。
そういう意味では完全バッドエンドではないものの、複数ループとすれ違いの妙を活かした味のある作品だと思います。

残念ながらこの作品は評判があまりよくありません。
万人受けしないオチもですが、やはり不安定な話の展開とキャラの動かし方が大分マイナス印象を強めているようです。
実際打ち切り宣告でも食らって急いだからか、予定通りのスケジュールで設計ミスなのかは知りませんが、
大事なキャラが終盤まで話に絡んでこなかったり中途で登場した新キャラ・用意された舞台が一瞬だけ出てきて掘り下げられないまま終わったり。
ループものは出尽くされたとはいえ、もうちょっと違えば評判も大分変わってきたかなと思わずにはいられません。
ともあれ、私としては好きなタイプの作品でしたし作者さんも応援しているので、めげずに次作以降も頑張ってくれたら嬉しいですね。

柳悠里とパチスロ

私はパチスロやそれに類する遊戯は全く縁がありませんが、好きな作品がパチスロ化して「幻滅した」「イメージダウンに繋がる」なんて言葉を聞く度に頭にハテナが浮かびます。
普段作者に一円でも多くお金をなんて言っているのにパチスロの権料は作者のため已む無しと目をつぶってあげられないんでしょうか。
そもそもパチスロ化で幻滅する必要もないと思うんですけどね。
アニメ版権パチスロだからアニオタしか打たないなんてことは全くないですので「オタクを食い物にしてる」「ファンから搾り取る」なんてことにはならないわけです。
「朝鮮が」「利権が」と壮大なことを言う皆さんに至っては、作者叩きするより先にやるべきことがあるんじゃないかと感じます。
イメージダウンについても似たような話で、パチスロ化で作品に対するイメージがダウンするのは「イメージダウンが怖いからやめてほしい」と言ってる層と被るわけです。
パチスロ、というよりギャンブルに嫌悪感を持っていない人は当然パチスロ化でどうこうすることはありませんし、
作品に興味がない人はいちいち「興味ない作品だけどパチスロ化されるか見守っていよう」なんて人もいません。
つまり、パチスロ化で作品に対するイメージがダウンするのも「パチスロ化がイメージダウンに繋がる」と言う層も、
“ギャンブルに嫌悪感があって”“その作品がパチスロ化するかどうか観測している”層になるわけです。
なんともマッチポンプ的ですし、結局作者の生活より自身の信条を優先しているというだけのことです。それは全く悪いことではありませんけれど。
正確にはアンチという負の興味を持った層がいますので全部が全部被るわけではないですが、プラスイメージからマイナスイメージに反転する可能性のある層という意味では大体この通りです。
少しずれますが、インターネットは意見が極端になりやすいですが、それにしても殊人間に関して極端な全体論をかざす人に対しては
「この人は少数の似た意見の持ち主以外と関わりがないのだろうか」と少し悲しい気持ちになってしまいます。

作者の懐具合ついでに、中抜き批判についても触れたいと思います。
アニメオタクはアニメ制作等中抜き問題が身近にあることからこの問題に割りと敏感です。
中には生産物流小売を除いた分野全てを中抜き批判するなんてこともありますが、それは極端すぎる例として置いておくとしても、商社潰れろ広告代理店潰れろなんて話題は日常茶飯事です。
虚業だなんて言うこともありますが彼らには彼らなりの役割がありまして、そもそも本当に必要のない中抜き機関だとしたら発生すらしないか、してもすぐに潰れるはずです。
では彼らが何を担っているかというと以下略
需給の結びつけやノウハウ蓄積・業務専念による効率化云々、商社をなくしても各社がそういった部門を抱えることになり金がかかるし分社化後統合で結局集約される、
一部の大企業は商社のように振る舞う部門を抱えていることもあるがそれは例外、等等書こうと思ったけど飽きた。

以上の文章は全て妄想です。

柳悠里とアニメ監督

アニメ監督にして実業家のヤマカンこと山本寛氏。
何かと作品内外のことで話題になりアンチもいる一方で、手がけた作品の中には名作もあり統一された評価がし難い人だと思います。
監督としては京アニ時代『らき☆すた』で「その域に達していない」と異例の宣言を出され、ある意味その後の立ち位置が決まってしまった一方、
京アニ退社後初の監督作品である『かんなぎ』ではしっかりと作品の魅力を引き出すことに成功していました。

私がヤマカンを知ったのはにわかオタク製造機である『涼宮ハルヒ』の時でありまして、この時は「このシーンの演出はああだ」「この場面はこういう考えでこうなったんだ」と毎週毎夜耳にしていました。
そんなわけで私の中では山本寛という人は凄いアニメクリエイターなのだと、この時漠然と位置づけられたのです。
次に彼の名を目にしたのは『らき☆すた』の時で、あの『ハルヒ』の演出家が監督するのかと感じ入りましたが、蓋を開けてみれば数話で降板。
私はそこまで悪いと感じなかったのですが、監督交代して以降「今までは○○だったけど監督変わってからは良くなった」のような話を耳にして、なるほどそういうものなのかと思いました。
では、本当にヤマカンの手がけた『らき☆すた』あダメダメだったのでしょうか?

私は先ほど述べたように悪くないと感じていたので何とも言いがたいのですが、監督交代後といいますかシリーズ序盤と中盤以降の違いというのはある程度あると感じていまして、
それはストーリー性とオリジナリティ飽きた。

ヤマカンの作品は場面場面が切り貼り的で脈絡の無さや唐突さを感じるけど、原作つきでは再現度や演出で一定以上の水準を保っていると思うし、
やはり「人として」という面を除いても監督よりは誰かの下で演出に徹した方が向いているのかもしれない……
という風に見当違いなことを暇潰しに延々書くつもりだった。

柳悠里と満足論

私は創作に関して一家言あります。すみません、盛りました。とはいえ言いたいことはあります。
私は創作をするわけではないので、それはもっぱら受け手としての意見ですが。
ことゲームに関してですが、作品は受け手の満足を達成させるものだと勘違いしてる人が多いです。
そういう人たちは黙ってプレイしてくれるだけなら良いお客なんですが、往々にして文句ばかり言います。
口にするのが不満ならば作品の質向上に繋がりますが、彼らは不満なぞ全く持っていないか若しくは全てが不満です。
彼らの多くは突き詰めると「俺の思い通りのバランスになれ」ということばかり言って攻撃的な態度に出ます。
こういった層が目立ってくると楽しんでいるが定着していない層や興味はあるけど手を出していない層が離れていって、最後には衰退してしまいます。
本来、創作物は作り手の満足が一番に来るべきなのです。商売なのでそれが一番のウエイトを占める場合は少ないと思いますが、まずそこから始まって次に繋がるのだと私は思っています。
作り手の作りたいもの、これを尊重せず文句言うくらいなら黙って他所に移れば良いのではないでしょうか。
勿論作り手の満足が金を稼ぐことにあれば徹底的に調査調整して、受け手満足至上主義者の要望に近いものができるかもしれませんが、それはそれで良いのです。
さて、漫画や小説では全部ではありませんが、ゲームほどこういう層は目立たないように思えます。
ストーリーくらいしか介入できる部分がないこともありますし、そのストーリーに関して「こうした方が絶対良い」という人たちも一定数いるのも確かですが。
ビデオゲームは本に比べ歴史が浅いので単純にそういった土壌が成熟していないからなのか、それとも創作物とはいえ本とゲームでは全く違う性質を持つからなのかは知りませんが。
つまり何が言いたいかというと、「俺以外が創作物に対してワガママ言ってるの見ると不快だからやめろ」というワガママでした。

続きを読む

今週の柳悠里!

前回の続き。
記憶も薄れメモを頼りに書いてるのでぶつ切りの支離滅裂です。

レッスンを一通り終えて通しで踊ることに。
赤羽根Pがやけに律子さんを入れたがるなあと思いました。
曲が流れると野次馬(?)が凄い数。まあ今をときめくアイドルの生練習ですからね。
曲はGO MY WAY。アイマスPに限らず有名な曲かと思いますが、私もアイマスやる前から知っていました。
元気になれてとても良い曲ですよね。そして律子さんがバリバリ踊れるのが流石でした。
その後なんやかんやあってカナちゃんの憧れが自分であることを春香が知る。対面で赤面しあう二人が可愛かったです。
夕食の時間はPがついにハリウッド行きをカミングアウト。泣きそうになる皆が可愛い。
素直ないおりんが可愛い。そしてやっぱり美希は大人になったなあ。
ミーティング前には春香がPと縁側に座って会話。
「10年後、春香は~キラキラ~」これは落としにかかってますね(違)。
就寝時間になってもまだまだ765プロのアイドルは元気なようで、惨状に出くわした律子さんも枕投げの鬼と化します。
夜が明けると合宿も終わり。いつもの日常に戻ります……と思いきやダンサー組がライブで上手くいかずゴシップ誌に悪く書かれてしまいました。
まだ業界に慣れていない子達は少なからず動揺している模様。それにしても小鳥の正妻っぷりよ。
Pは大胆にもダンサー組の事務所預かりを決めます。さてさてどうなる。
場面変わって仕事場で春香がジュピターと遭遇します。って、ジュピター出番あるのか!
冬馬の顔が少し幼くなったかなと思いました。気のせいかもしれませんが。
それにしても冬馬君は素直じゃないなあ。そこが可愛いんですけど。あと、局に貼ってあるポスターが良かった。

舞台は事務所に移動……だったかな。ガラス窓についた雨がリアル。
今作はリーダーとなった春香やダンサー組の不安を表すかのように雨が多かったですね。とても印象的です。
リーダーとして悩む春香に対し付き合いの長い765組はしっかり理解と信頼があります。
いおりんは春香のリーダー適性に難を示すシホに対し自分の考え、そして春香に求めるものをしっかり示します。
美希もトイレで弱音を吐く春香に対し、自分で答えを出すよう促します。
事務所の屋上ではアイドルたちを信じたPと律子が色々話してました。てかりっちゃん可愛すぎるんだけど。
そして千早。春香といるときの千早は本当に「神」なんだよなあ。
コーヒー屋だかハンバーガー屋だかで春香に対し、春香としての気持ちが大事であると伝えます。
その他、透明な茶器が清涼感あるとか今回後輩の面倒を見ることが多かった雪歩の萩原先輩っぷりが良かったとか伊織邸でけえとかやっぱ美希が大人だとかシャルルに「そうよね?」って問いかけるいおりん可愛いとか。
いろいろありましたがカナちゃんから春香に電話がかかります。非通知でしたね。@きらりんカフェでスペシャルイベ ハラショー他。
そしてやはり雨。テーマは雨かな? BGMのREADY!!アレンジがおしゃれでした。雪歩の気取らない程度にシンプルで可愛い服装すき。
レインコートを来て逃げ惑うカナちゃんは橋の上で挟み撃ちにされついに確保されました。
太ってしまい「もう無理なんです」というカナちゃんに「どうしたいか」が大切だと諭します。
765プロの皆の信頼とサポートの上で気付かされたこのことをダンサー組に引き継いでいく感じ良いですね。
俺もアリーナライブしてえ。アイドルの「今」の一部になりてえ。だって私は私だから( `o´)
ライブ会場で気持ちを露わにするダンサー組。彼女たちもまた天使だったか。涙を湛える雪歩可愛い。
仲間っていいなあ。
キモータが振るサイリウムを夕日に例えてくれて嬉しいぞい。その輝きの向こうにはキモオタしかいないけどな!
りっちゃんの扱い良くて良かった。ほんま泣かせる。ステージ直前、見返り美人雪歩。
花道が日の字を横倒ししたような型。これって内側の客はどうやって入ったんだろうか。
アイドルのCGやあれだけ辛い辛い言わせたダンサー組の踊り魅せてやれよってのはともかく、
ステージをグルーッと舐め回すカメラワークは大好きなので良かったです。そしてバルログ多すぎぃ。
相変わらず曲も素晴らしい。買わなきゃ。締め方は綺麗だったけど、終ってしまったって感じで寂しい。
モーションアクターに安定のStyleCube。宣伝プロデューサー高橋祐馬。知ってる名前がチラホラ。
EDのカットも良かった。しぶりん! 俺もアニメのクレジットに名前載るような人間になりたかったなあ……。

続きを読む

リンク一覧
ブロとも一覧

あるでばのただやってみたかっただけのブログ

ハマカンの熱湯湯冷めブログ
最新コメント
最新記事
プロフィール

マーライオン

Author:マーライオン
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
SEO
loading
3歩手前 柳悠里
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。