FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液晶だろうがブラウン管だろうが

ただいま丹下桜のラジオを聴いているんですが、破壊力が半端ないですね。1回目から継続視聴しているのですが、当分は脳内がピンク色のままだと思います。桜色じゃないのは徳永愛さん分も相当脳内を占拠しているからです。
そんなことはどうでもいいんですが、いや以下の文も、そもそも私が書く言葉全てがどうでもいいことなんですが、今日は漫画について思ったことを書いていこうと思います。いや、妄想ですが。
漫画の絵と言うのは、漫画に限らずですが、基本的に特徴化と簡略化です。似顔絵なんかが分かりやすい例ですね。で、最近ふと思ったのが、まあ妄想なんですが、この特徴化と簡略化のバランスです。
いわゆる少女漫画は特徴化の方が強く、少年漫画は簡略化の特徴が強い気がします。少女漫画ならば、たとえばキラキラ光る大きな瞳、たとえば長い手足。もちろん他ジャンルでもそういう面は特徴づけられますが、特に顕著だと思います。
逆に少年漫画では、リアル路線のものも少なからずあるものの、テンプレ的なパーツの配置で簡略化が図られてるものも多い気がします。他にも青年漫画ならリアル路線が多いだとか、ここまでいくとただのステレオタイプになってしまいますが……。
ところで、特徴化と簡略化は結局のところ同じものです。特徴化は対象を印象づけるよう描くかわりに他の部分が無個性になりがちです。簡略化は部分部分を記号化し意味を持たせるという意味で特徴化とも言えます。
つまりは強調の仕方が違うだけということですね。まあ以上全てが妄言なわけなんですが。もうちょっとマシなことが書けるようになりたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク一覧
ブロとも一覧

あるでばのただやってみたかっただけのブログ

ハマカンの熱湯湯冷めブログ
最新コメント
最新記事
プロフィール

マーライオン

Author:マーライオン
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
SEO
loading
3歩手前 柳悠里
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。