2016年を振り返って

記事を書いている間に年を越してしまいそうですが、今年一年を振り返ってみようと思います。
といっても基本的に昨日の夕飯すら覚えていられないような鳥頭なので、大したことは書けませんが。

まず年初は、仕事がとにかく忙しかった。
2月半ばくらいまでは、単純な作業量も多かったけど、それに加えてスピード感を求められたり今までなあなあでやってきたやり方を全て改める必要が出てきて、有意義ではあったかもしれないけど大変だった。
自分は精神が子供だしめっちゃ打たれ弱いので何度も吐きそうになりました。そんな中でもガルパンの映画とか見に行ったりしてんですけどね。
ガルパンは一人で見に行ったあとに高校時代の友人とも見に行ったりして、久々に複数回観たアニメ映画になりました。
ストーリーよりも戦闘シーンの豪快さを楽しむ作品なので、まあ何度見ても飽きないってのはあったけど。

春からはプロジェクト的にも一区切りついてチームも変更になったため、仕事は大分楽になりました。
このあたりでぬっきーと再び連絡がつくようになり、久々にメロフラ集結みたいな集まりもしました。
集まったのがいつ頃かは忘れたけど。
はいふりとかキズナイーバーとか迷家みたいな俺得アニメが多数集まっていたのもこの時期でした。
はいふりは、正直アニメは作品が持っているポテンシャルを最大限に引き出せていたとはいえないけど、
やっぱりキャラが動いて喋るのはそれだけで感動的だし、たまにある海軍っぽいシーンややり取りは可愛いキャラとのギャップもあってとても魅力的でした。
また、派生作品はそれぞれわりと方向性が定まっているので、話としても楽しめてます。アニメの出来はともかく、こういうスピンオフやメディアミックスはアニメあってこそなので、そこは評価したい。

夏は、あんまり記憶がないですね。
久々に視聴アニメが20本超えと豊作だったんですが、ももくりやHxHみたいに途中で切る作品も多かったし、あまんちゅ・ダンロンあたりはコネ枠みたいな感じだった。
数はあったけど、これというものはなかったというか。
そういえば東方系の有名作曲家みたいな人と関わってなんかやらせてもらったのは一夏の思い出という感じになるんでしょうかね。個人的にはそんな綺麗な感情はないですけど。

そんで直前までの秋クール。
アニメについていえばドリフターズやっぱ面白いとかガーリッシュナンバー悔しいけどやっぱ面白いとかステラのまほうの主人公淡々と長文を抑揚なく喋ったり区切り位置がおかしいのヤバい人みたいで好感持てるとかオカルティック・ナイン早口過ぎて没入できないとか。
個人的には地味ながらも少女たちの葛藤と成長と日常を描いた装神少女まといがイチオシでした。
次元という作家によってとても扱いに慎重になるような要素をちょっと行きづらい異世界程度にまで落とし込んで身近に感じさせる手法やかわいい女の子は無敵なんです理論で大団円を迎えたのは、
ちょっとしたことでビクビク怯えて回りくどい表現になったり不幸な出来事の連続で一寸先は闇状態の現代に降り注ぐ一筋の光という感じで救われました。
あとてーきゅうのOPを石原夏織ちゃんが担当して、久々のアニメタイアップがこれかあ(褒め言葉)、という気持ちになりました。これからも応援してます。
灼熱の卓球娘も良かった。最後謎の打ち切りエンドだったけど。
アニメ以外だと仕事が忙しくなってきたり転職サイトで他所の会社に応募してみたり、応募してみたもののやっぱり不安になったり。
そもそも働きたくないという感情が根底にあるので、辞めた後転職したくないというね。それでも働かないとお金もないし周りの視線も痛いのでなんとか今後の身の振り方を考えます。
大人になるとこういうことも言わなくなるらしいので早く大人になりたいです。

一年とおして変わったと思うのは、イベントに全然行かなくなったこと。
もともとそんなに行ってたわけでもないですが、周りがどんどん脱オタしていく中で、本当に足を運ばなくなった。
アニメ見るくらいしかプライベートの時間にしないうえに、基本的に外出的な用事は誰かに誘われない限りしないタイプの人間なので、
本当何もしないダメ人間になってしまいました。2017年はそういったところを改善できたら良いですね。
あとは自分がアウェイじゃない環境を一つくらいは持たないといけないとは思う。
このままだと本当に社会とのつながりがないマンになって孤独死しそうなので。
縁あってコミケ関連の集まりによく呼んでいただけるのは非常にありがたいのですが、
自分はコミケに縁がないしその団体に何か寄与しているわけでもないので、
ちゃんと自分が主体の一員として関われる集まりが何か一つくらいないとなあと。
と言っても能動的な趣味もないし特技もないしヒキコモリ体質だから定期的に集まる系もキツイし……ってなると何もなさそう。
そもそも自分の娯楽のためにやりたいのか、社会的繋がりを求めてやりたいのかは見極めなきゃいけないし、
後者だとしたら多少の我慢はして当然というところはあるので、まあもうちょっと考えてから何かします。
メロフラがそうなるはずだったんですがね。
スポンサーサイト
リンク一覧
ブロとも一覧

あるでばのただやってみたかっただけのブログ

ハマカンの熱湯湯冷めブログ
最新コメント
最新記事
プロフィール

マーライオン

Author:マーライオン
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
SEO
loading
3歩手前 柳悠里