スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年を振り返って

記事を書いている間に年を越してしまいそうですが、今年一年を振り返ってみようと思います。
といっても基本的に昨日の夕飯すら覚えていられないような鳥頭なので、大したことは書けませんが。

まず年初は、仕事がとにかく忙しかった。
2月半ばくらいまでは、単純な作業量も多かったけど、それに加えてスピード感を求められたり今までなあなあでやってきたやり方を全て改める必要が出てきて、有意義ではあったかもしれないけど大変だった。
自分は精神が子供だしめっちゃ打たれ弱いので何度も吐きそうになりました。そんな中でもガルパンの映画とか見に行ったりしてんですけどね。
ガルパンは一人で見に行ったあとに高校時代の友人とも見に行ったりして、久々に複数回観たアニメ映画になりました。
ストーリーよりも戦闘シーンの豪快さを楽しむ作品なので、まあ何度見ても飽きないってのはあったけど。

春からはプロジェクト的にも一区切りついてチームも変更になったため、仕事は大分楽になりました。
このあたりでぬっきーと再び連絡がつくようになり、久々にメロフラ集結みたいな集まりもしました。
集まったのがいつ頃かは忘れたけど。
はいふりとかキズナイーバーとか迷家みたいな俺得アニメが多数集まっていたのもこの時期でした。
はいふりは、正直アニメは作品が持っているポテンシャルを最大限に引き出せていたとはいえないけど、
やっぱりキャラが動いて喋るのはそれだけで感動的だし、たまにある海軍っぽいシーンややり取りは可愛いキャラとのギャップもあってとても魅力的でした。
また、派生作品はそれぞれわりと方向性が定まっているので、話としても楽しめてます。アニメの出来はともかく、こういうスピンオフやメディアミックスはアニメあってこそなので、そこは評価したい。

夏は、あんまり記憶がないですね。
久々に視聴アニメが20本超えと豊作だったんですが、ももくりやHxHみたいに途中で切る作品も多かったし、あまんちゅ・ダンロンあたりはコネ枠みたいな感じだった。
数はあったけど、これというものはなかったというか。
そういえば東方系の有名作曲家みたいな人と関わってなんかやらせてもらったのは一夏の思い出という感じになるんでしょうかね。個人的にはそんな綺麗な感情はないですけど。

そんで直前までの秋クール。
アニメについていえばドリフターズやっぱ面白いとかガーリッシュナンバー悔しいけどやっぱ面白いとかステラのまほうの主人公淡々と長文を抑揚なく喋ったり区切り位置がおかしいのヤバい人みたいで好感持てるとかオカルティック・ナイン早口過ぎて没入できないとか。
個人的には地味ながらも少女たちの葛藤と成長と日常を描いた装神少女まといがイチオシでした。
次元という作家によってとても扱いに慎重になるような要素をちょっと行きづらい異世界程度にまで落とし込んで身近に感じさせる手法やかわいい女の子は無敵なんです理論で大団円を迎えたのは、
ちょっとしたことでビクビク怯えて回りくどい表現になったり不幸な出来事の連続で一寸先は闇状態の現代に降り注ぐ一筋の光という感じで救われました。
あとてーきゅうのOPを石原夏織ちゃんが担当して、久々のアニメタイアップがこれかあ(褒め言葉)、という気持ちになりました。これからも応援してます。
灼熱の卓球娘も良かった。最後謎の打ち切りエンドだったけど。
アニメ以外だと仕事が忙しくなってきたり転職サイトで他所の会社に応募してみたり、応募してみたもののやっぱり不安になったり。
そもそも働きたくないという感情が根底にあるので、辞めた後転職したくないというね。それでも働かないとお金もないし周りの視線も痛いのでなんとか今後の身の振り方を考えます。
大人になるとこういうことも言わなくなるらしいので早く大人になりたいです。

一年とおして変わったと思うのは、イベントに全然行かなくなったこと。
もともとそんなに行ってたわけでもないですが、周りがどんどん脱オタしていく中で、本当に足を運ばなくなった。
アニメ見るくらいしかプライベートの時間にしないうえに、基本的に外出的な用事は誰かに誘われない限りしないタイプの人間なので、
本当何もしないダメ人間になってしまいました。2017年はそういったところを改善できたら良いですね。
あとは自分がアウェイじゃない環境を一つくらいは持たないといけないとは思う。
このままだと本当に社会とのつながりがないマンになって孤独死しそうなので。
縁あってコミケ関連の集まりによく呼んでいただけるのは非常にありがたいのですが、
自分はコミケに縁がないしその団体に何か寄与しているわけでもないので、
ちゃんと自分が主体の一員として関われる集まりが何か一つくらいないとなあと。
と言っても能動的な趣味もないし特技もないしヒキコモリ体質だから定期的に集まる系もキツイし……ってなると何もなさそう。
そもそも自分の娯楽のためにやりたいのか、社会的繋がりを求めてやりたいのかは見極めなきゃいけないし、
後者だとしたら多少の我慢はして当然というところはあるので、まあもうちょっと考えてから何かします。
メロフラがそうなるはずだったんですがね。
スポンサーサイト

柳悠里の街づくり

私の地元は神奈川県の真ん中辺りにある、ちょっと寂れた二十万都市です。
古くから流通の中継点としてそれなりに栄え、江戸時代には街道沿いの宿場町として現在の市中心部付近が発達しました。
関東大震災を期に建物は一新されたそうですが、一方で交通網は手付かずだったのか、新旧入り混じった複雑な道路事情は未解消です。
昭和には大合併の波に乗っかり自治体が拡大し市制に移行しました。
さらに高速道路の開通や高度経済成長、郊外移転ブームで人や物の流れが変わり産業と若者の街として成長しました。
大学ができ、多くのCDショップやスタジオが開店し、電気屋や百貨店が軒を連ねました。
まさに右肩上がりで下ることを知らない状態でしたが、しかしながらバブルが崩壊すると一気に情勢は変わります。
90年代はそれでもまだ持ちこたえていました。私自身、原風景にある地元の姿は、もっとも栄えていたと言われる時期の姿と大差ありません。
00年代に入ると百貨店の撤退や都心回帰による大学の転出が始まりました。次に電気店やCDショップが倒産・閉店すると最早往時の姿は見る影もなくなりました。
自分の住む街がどんどん寂れていく一方で、隣の市がどんどん開発を進めていくのは見てて悲しい物が有りました。
しかし、最近では駅前の再開発事業が始まり、景気回復の後押しもあり悪いニュースばかりではなさそうです。

ということが書きたかったわけではなく、
一年半前に、大手アニメ専門店が台頭する前のアニオタには有名だったらしいCDショップが潰れたが、
00年代に地元で消えていったものは昭和的なものだったというか90年代が平成の世とはいえ昭和的だったよな……、
みたいな考えから連想したことを書きたかったはずだった。

今でも覚えている あの日見た雪の白さ

一昨日、機種変更をしてXPERIA Z1fを購入しました。
これにより3年9ヶ月に及ぶフィーチャーフォンとの生活は終わりを告げ、私のケータイ体制はスマートフォンに一本化されました。
スマートフォン自体は2010年の冬くらいにデビューしていましたが。
振り返るとその時買ったSO-01B以来スマートフォンはXPERIAシリーズしか買っていません。
とはいえ、何も最初からXPERIA以外眼中になかったわけではありません。

私が最初にスマートフォンの購入を考えた頃には、日本メーカー製Android端末のほとんどに不評・不具合が付き物でした。
かと言ってあまり知らない東アジアメーカーの端末を買う気にもなれず、Sony Ericssonという聞き馴染みのあるメーカーのものを選びました。
当時はOS2.1にアップデートしたりマルチタッチに対応したりとメーカー側の対応も良く、端末自体もそこまで評判が悪くなかったのも好印象でした。
この時点ではXPERIA一択というわけでもなく、他に良さそうなものがあれば乗り換えることも考えていました。
特にスマートフォン一本化を考えていなかっただけに、「いつかはiPhone」という考えは強かったです。

XPERIAの虜になったのは翌2011年のことでした。この年の秋、私はある端末に一目惚れしました。
XPERIA PRO、QWERTY配列キーボード付きの国内未発売端末です。
スペックは大したことないのですが、その輝くワインレッドと美麗なフォルムに心を奪われました。
この時期になると高性能機器が割りと安価で手に入るようになっていましたが、それ以上の額を積んで輸入しました。
実際使ってみるとスライドキーボードは使い心地が良くなく、またパワー不足も否めなく今となっては使用頻度はそこまで高くありません。
それでも私にとってXPERIA PROは大切な端末ですし、これを買ったことは全く後悔していません。
 キーボード付き端末はロマンがありますが、二つ折りはともかくスライド式だとメリット少ないんですよね。
  もし二つ折りで高性能なPRO2が出たら間違いなく買うんですが……。


何にしろこれを機にXPERIAに心を掴まれた私は、その後新MNPでXPERIA SXを、友人からXPERIA acro HDをそれぞれ購入し、
先日5台目となるXPERIA Z1fを購入するに至るわけです。
正直、あまり手が大きくなく力もない私としては、最近大型端末が主流になってきて辛かったです。
その中で出たZ1fは小型とまではいかなくても5インチ端末やファブレット端末が続々出る中では大きくない方で、かつハイパワー。
買わないわけがありませんでした。実際一日使ってみて満足感も非常に高かったです。防水なのも良いです。SIM取り出しやすいので。
現時点での一つの完成形という感じで、今までいろいろ買ってきたけれど、恐らくこれを最後に当分は端末の買い増しはしないだろうなと思いました。

続きを読む

クランに対して思うこと

FPSのクランなんて柄の良いもんじゃないし、別に取り立てて良い子ちゃんを集めたってわけでもないので、
口が悪いのは仕方ないことだとは思ってるんですが、
自分らは芋を選択するのに「芋ばっかでクソゲー」みたいなこと延々と言い続けることに、
いったいどれだけのメリットがあるのかと考えると、正直私は全くこれっぽっちもメリットを見いだせません。
そりゃ人間だから殺られりゃ悔しいでしょうし、思うようなプレイングができなきゃ嫌な気分にもなるでしょう。
でも、いちいち口に出す必要があるのか?
「畜生!」くらいなら口をつくこともあるでしょうけど、ああだこうだと言い続けるのは意識的な行為ですよね。
毎晩のように同じようなこと聞かされるのは芋ってる敵ではなく、他でもないクラメンなんだと自覚しているのか?
「勝って喜びを分かち合い負けて互いに励ましあえ」とまでは言いませんが、
少なくとも私は「マジクソゲーだわー」「本当クソゲーっすよね」みたいなノリを楽しむことはできません。
とはいえ私も私で清廉潔白なんてことはないでしょうし、頭に血が上って他人に不快感を与えることもあったでしょう。
ということで頭を冷やしつつ自戒するために、少しの間だけクラン活動から離れようと思います。

以上、決意表明みたいな何かでした。

あんこ入りパスタライス

昨年末、ゲームを2本買いました。龍が如く5とCoD:BO2です。
ただでさえカツカツだったのに何をやってるんだという感じですが、
クレカを使えばお金がなくても買えちゃうんです。……はい、バカです。
まあ、困るのは1月26日の自分なので今の自分には関係ないやという感じで、
ゲームが届いてから毎日楽しませてもらっています。
そのせいで昼夜逆転したり一日一食になったり課題が手につかなかったりしてますが、
概ね問題ありません。今楽しければそれで良いのです。
CoDでは久々に友人とマルチもしてみました。相変わらず下手で悲しいです。
龍が如くは3以来でしたが基本操作は変わってなくて安心しました。
ムービーとか飛ばせない部分が若干気になりますが。

そんなこんなで今月はゲーム代やら諸々の支払いが重なって出費が嵩むので、
買おうと思ってた本やCDが買えない可能性も出てきてちょっと辛いです。
リンク一覧
ブロとも一覧

あるでばのただやってみたかっただけのブログ

ハマカンの熱湯湯冷めブログ
最新コメント
最新記事
プロフィール

マーライオン

Author:マーライオン
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
SEO
loading
3歩手前 柳悠里
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。