スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAPPY PARTY TRAIN

こないだ、久々にCDを買いました。掲題のとおり、Aqours(ラブライブ! サンシャイン)の『HAPPY PARTY TRAIN』です。
前回、TrySailの『High Free Spirits』を買ってから一年ぶりくらい、ラブライブ関連だともう何年ぶりになるのやら。
あまりCDを買う方ではないですが、この曲はCMで聴いた瞬間に高まって購入を決意しました。
ラブライブの曲はμ'sの後半くらいから食指が動かなかったのですが、この曲は久々に心を動かされました。
単純な人間ですから、love merginalみたいに心揺さぶる感じの曲や、スノハレみたいにわかりやすくブチ上がる曲が好きなので。
今回は後者ですね。
これを機にライブにも行ってみたいなと思うのですが、一緒に行く相手がいないとなかなか踏み出せず。
ライブに限らず旅行でもなんでもそうですけど、イベントそのものより誰かと出来事を共有することが楽しいというか。

それはそれとしてPVの出来もとても良かったです。
ラブライブのPVは手描きとCGのキャラにあまり差がなく、加えて手描きパートもかなり多いので見応えがあります。
何作も手がけているのでノウハウもあるでしょうし、サンライズという人も技術もある大手が関わっているのでそのおかげもあるでしょうが、
その点ではいつ見ても流石だなと感心してしまいます。
最近ハマっているコンテンツにバンドリというのがあるんですが、それも悪くはないんですが比べてしまうとどうしても。
まあバンドリは成長中のコンテンツなのでそっち方面もこれからに期待ですかね。曲は良いものも多いですし。
ガルパ(バンドリの音ゲー)でカバー曲の間奏やアウトロのアレンジがメタメタなのはなんとかしてほしいと思いますけど。
スポンサーサイト

アニサマ2日目

アニサマ2日目に参加してきました。
ここ数年は全日参加で宿泊もしていましたが、今年は生活環境の変化やチケット自引き出来なかった等の理由で2日目のみの参加です。
実際問題、体力的にも全日参加は厳しいのかなあと感じました。
ところで、今年のアニサマはシクレ無しで運営していくんでしょうか。
まあ堀江美都子さんとか去年までならシクレ枠だったろうなとは思います。
事前に全アーティストを公開するのは、「○○が来るなら行ったのに」みたいなのを減らせる一方で、ワクワク感みたいなのは無くなりますよね。今まで有っただけに余計に。難しいところです。
今年のアーティストで印象的だったのは、最大の目当てだったアイマス3組を除けば堀江美都子さんとGRANRODEOでしょうか。
堀江美都子さんの歌は歌声喫茶みたいな感じで、サイリウムを振るより肩を組んで斉唱したくなる感じでした。歌声喫茶の実態がどうか知りませんが。
GRANRODEOはなんといっても慟哭ノ雨。私がGRANRODEOを知った曲ですし、カラオケで何十回と歌ったお気にい入りの曲です。
他にも色々と楽しめることが多かったです。正直始まるまでは若干だるいなあと思ってましたが、始まってしまえば高まるのみでしたね。
ただ、来年以降はどうなるのかなあ。皆の行末も分からなければ、疲れたけど楽しいというより楽しいけど疲れたという気持ちが強いので……。
できることなら、次こそ皆で行きたいんですけどね、めっちゃ。

柳悠里とアイドルマスターシンデレラガールズ

最近デレマスのJewelriesを遅まきながら聴き始めたんですけど、カバー曲ヤバいですね。
というかPaとCuがめっちゃ自分の好みに刺さって興奮しました。Coのカバーはちょっと好みとはズレてましたけど。
本田未央ちゃんのラブリーとかウサミンの碧いうさぎがとても良い。

柳悠里と堂廻目眩

各店で売り切れ続出の超大人気漫画『ガールズゴーアラウンド』2巻(最終巻)を読みました。
発売から数ヶ月経っても書店で見つけられず、結局通販で買うことになった『ガールズゴーアラウンド』2巻。
作者は千田衛人さん。『花咲くいろは』のコミカライズを担当していた人ですね。
私はこの人の描くシンプルであっさりとした顔立ちのキャラが好みです、ええ。

この作品はループものです。しかもオチとしてはバッドエンド。
前提としてループを発生させた主体と主人公はループしていることを知っています(ただし死んだ場合は別)。
この作品で発生しているループは二種類あります。
一つ目のループは入学式から卒業式の間のループ。
このループはメインヒロインである幼馴染が発生させています。理由は主人公が目の前で自殺するから。
ちなみに幼馴染は主人公が自殺する理由を「楽しい青春を送れなかったから」だと思っています。
そこで三年間をやり直して主人公に悔いのない人生を送ってもらいたいと願ったらループ発動できるように。
もう一つのループは幼馴染以外のヒロインが発生させるもの。各人の「後悔していること」を解決するまで終わりません。
校内のヒロイン力が高い女生徒に、メインヒロインからループ能力が伝染するようです。
この作品は一つ目の大きなループの中に入れ子構造で二つ目のループがたくさん入っているというのが特徴です。

さて、主人公がなぜ最後に死ぬかというと、実は主人公が死なない選択肢を取った場合にヒロインの誰かが死ぬからです。シュタゲかな?
この時、幼馴染以外の誰かがループを発生させます。死んだ人の友達とかですかね?
もしかしたら主人公もループ発生させられるのかもしれないけど、そこのところ曖昧です。
とにかく、主人公以外の誰かが死ぬ未来を取った場合、主人公にはヒロインが死ぬ記憶が残ります。
で、ほむほむや岡部ばりに何十回もループ繰り返すわけですが、彼は普通の高校生。心が折れてしまいます。
「もう人生疲れた。それに俺が死んだら未来変わるんじゃね?」
で、目の前で好きな人に死なれた幼馴染がループ発動させて入学式に戻る。
幼馴染からしてみれば、主人公以外が死んだ時の記憶がないわけで毎回唐突に主人公が死ぬわけです。
一方で主人公からしてみれば何度も身近な女生徒が死んで耐えられないわけです。
しかも主人公が死んだ場合に起こる大ループでは主人公は記憶を持ち越せないわけですから、どうあっても最後は自殺という選択肢を選んでしまいます。

もしループ能力の第一発現者である幼馴染も他人のループで記憶を保持できたら、こんなことにはなりませんでした。
また主人公がトチ狂って「俺卒業式の日をループしてその度に女の子が死ぬんだよ」と幼馴染にカミングアウトすれば……。
まあ何百回も大ループを繰り返せば、そういう未来もあるかもしれません。もしどちらか片方が気付ければ、今度は二人で大作できるので違った結末を迎えることができるかもしれません。
そういう意味では完全バッドエンドではないものの、複数ループとすれ違いの妙を活かした味のある作品だと思います。

残念ながらこの作品は評判があまりよくありません。
万人受けしないオチもですが、やはり不安定な話の展開とキャラの動かし方が大分マイナス印象を強めているようです。
実際打ち切り宣告でも食らって急いだからか、予定通りのスケジュールで設計ミスなのかは知りませんが、
大事なキャラが終盤まで話に絡んでこなかったり中途で登場した新キャラ・用意された舞台が一瞬だけ出てきて掘り下げられないまま終わったり。
ループものは出尽くされたとはいえ、もうちょっと違えば評判も大分変わってきたかなと思わずにはいられません。
ともあれ、私としては好きなタイプの作品でしたし作者さんも応援しているので、めげずに次作以降も頑張ってくれたら嬉しいですね。

柳悠里とパチスロ

私はパチスロやそれに類する遊戯は全く縁がありませんが、好きな作品がパチスロ化して「幻滅した」「イメージダウンに繋がる」なんて言葉を聞く度に頭にハテナが浮かびます。
普段作者に一円でも多くお金をなんて言っているのにパチスロの権料は作者のため已む無しと目をつぶってあげられないんでしょうか。
そもそもパチスロ化で幻滅する必要もないと思うんですけどね。
アニメ版権パチスロだからアニオタしか打たないなんてことは全くないですので「オタクを食い物にしてる」「ファンから搾り取る」なんてことにはならないわけです。
「朝鮮が」「利権が」と壮大なことを言う皆さんに至っては、作者叩きするより先にやるべきことがあるんじゃないかと感じます。
イメージダウンについても似たような話で、パチスロ化で作品に対するイメージがダウンするのは「イメージダウンが怖いからやめてほしい」と言ってる層と被るわけです。
パチスロ、というよりギャンブルに嫌悪感を持っていない人は当然パチスロ化でどうこうすることはありませんし、
作品に興味がない人はいちいち「興味ない作品だけどパチスロ化されるか見守っていよう」なんて人もいません。
つまり、パチスロ化で作品に対するイメージがダウンするのも「パチスロ化がイメージダウンに繋がる」と言う層も、
“ギャンブルに嫌悪感があって”“その作品がパチスロ化するかどうか観測している”層になるわけです。
なんともマッチポンプ的ですし、結局作者の生活より自身の信条を優先しているというだけのことです。それは全く悪いことではありませんけれど。
正確にはアンチという負の興味を持った層がいますので全部が全部被るわけではないですが、プラスイメージからマイナスイメージに反転する可能性のある層という意味では大体この通りです。
少しずれますが、インターネットは意見が極端になりやすいですが、それにしても殊人間に関して極端な全体論をかざす人に対しては
「この人は少数の似た意見の持ち主以外と関わりがないのだろうか」と少し悲しい気持ちになってしまいます。

作者の懐具合ついでに、中抜き批判についても触れたいと思います。
アニメオタクはアニメ制作等中抜き問題が身近にあることからこの問題に割りと敏感です。
中には生産物流小売を除いた分野全てを中抜き批判するなんてこともありますが、それは極端すぎる例として置いておくとしても、商社潰れろ広告代理店潰れろなんて話題は日常茶飯事です。
虚業だなんて言うこともありますが彼らには彼らなりの役割がありまして、そもそも本当に必要のない中抜き機関だとしたら発生すらしないか、してもすぐに潰れるはずです。
では彼らが何を担っているかというと以下略
需給の結びつけやノウハウ蓄積・業務専念による効率化云々、商社をなくしても各社がそういった部門を抱えることになり金がかかるし分社化後統合で結局集約される、
一部の大企業は商社のように振る舞う部門を抱えていることもあるがそれは例外、等等書こうと思ったけど飽きた。

以上の文章は全て妄想です。
リンク一覧
ブロとも一覧

あるでばのただやってみたかっただけのブログ

ハマカンの熱湯湯冷めブログ
最新コメント
最新記事
プロフィール

マーライオン

Author:マーライオン
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
SEO
loading
3歩手前 柳悠里
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。